無痛胃カメラ・大腸内視鏡検査、日帰り肛門手術、やけど・切り傷の湿潤療法は川越駅前胃腸・肛門クリニック(内視鏡内科・消化器内科・胃腸内科・外科)(埼玉県)

内視鏡内科・消化器内科・胃腸内科(埼玉県川越市)

川越駅前胃腸・肛門クリニック

〒350-1122  埼玉県川越市脇田町103番
川越マイン・メディカルセンター川越2階

お気軽にお問合せください

049-227-8686

肛門周囲掻痒症(かぶれ)

肛門掻痒症(かぶれ)の症状と原因

「粘液の分泌+接触」によるかぶれ(最も多いタイプ)

大腸から分泌された粘液が付着して、かぶれが起こります。さらに、以下のような要因が加わって、お尻の痒みが強くなります。

  • せっけん、洗剤、下着などの接触
  • 「掻きすぎ」や「紙での擦りすぎ」

「粘液の分泌+真菌(カビ)」によるかぶれ

大腸の粘液が付着して、湿った環境となったところに、カンジダというカビの一種が繁殖してお尻の痒みが起こります。

その他の原因

  • 蟯虫などの寄生虫(小児に時々見られます)
  • 全身疾患に伴う痒み(糖尿病や肝疾患のときに起こることがあります)
  • 肛門疾患による痒み(痔ろうや痔核などによる粘液付着によるもの)
  • 食物による痒み(コーヒー、お酒、香辛料、乳製品などが原因となることがあります)
  • 悪性腫瘍による痒み(パジェット病やボウエン病)
肛門掻痒症(かぶれ)、肛門周囲炎のまとめ

「肛門が痒い」といって肛門科を受診される方が非常に多いのですが、その原因にはいろいろなものがあります。

痒みの原因として最も多いのが、腸から分泌される粘液が肛門周囲に付着することによって生じる「かぶれ」です。

粘液分泌が異常に多い場合には、大腸の炎症などが原因となっている可能性があるために、大腸内視鏡検査が必要なこともあります。

他にも、「カンジダ」という真菌(カビ)や「ぎょう虫」などの寄生虫、食物などが原因となっていることもあり、原因を同定するのに苦労することがあります。

また、痔核や痔ろうといった肛門の病気がある場合には、肛門周囲に粘液が付着しやすくなるために、かぶれが生じやすくなることもあります。

さらにこの痒みの場合、まれに悪性腫瘍が原因となっていることもあります。薬でなかなか改善しない場合には、組織を採取し、顕微鏡で詳しく調べる必要があります。

ウォシュレット症候群(温水洗浄便座症候群)、ご存知ですか?

洗浄便座の普及は目覚ましく、日本の温水洗浄便座(ウォシュレット)の世帯普及率は2010年には71.3%です。しかし、外国ではそれほど普及しておらず、高普及率は日本人の清潔好きがもたらした特異な現象です。

身体が不自由で、排便の後始末が自分でできない時、洗浄便座(ウォシュレット)があると大変助かります。しかし、洗浄便座(ウォシュレット)の不適切な使用で、肛門周囲湿疹・肛門皮膚炎・肛門潰瘍・肛門狭窄・直腸炎などが増えていると指摘されています。

強い水流で長時間(10秒以上)肛門を洗うと、肛門に傷が付く可能性があります。頻回の洗浄により、皮膚や粘膜の皮脂や常在菌が洗い流されてしまい、生体のバリア機構が破綻してしまいます。それが慢性的な炎症、湿疹を引き起こし、痛みや痒みの原因になります。また、洗浄器の貯蔵タンク・洗浄ノズルに細菌が繁殖している場合があり、肛門にできた傷に細菌を押し込めている危険があります。

温水トイレの水流は可能な限り弱く、使用時間は5~10秒にとどめるようにしましょう。肛門に傷があり、痛みや出血がある場合は使わないようにしてください。

また、高齢者では肛門括約筋の筋力が落ちているため、肛門をきれいにしようと長く洗浄すればするほど、お湯が肛門内に入り、後に少しずつ漏れ出してきて下着の汚れや肛門のべとつきの原因となります。

お尻の拭き方も紙で強く擦らず、抑える(拭き取る)ようにして、水分を吸い取るようにします。

 

診療時間

△土曜日午後の診療は
15:30~17:00まで
休診日/木曜・日曜・祝祭日

診療科目
内視鏡内科、肛門外科
胃腸内科、外科

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

049-227-8686

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。