無痛胃カメラ・大腸内視鏡検査、日帰り肛門手術、やけど・切り傷の湿潤療法は川越駅前胃腸・肛門クリニック(内視鏡内科・消化器内科・胃腸内科・外科)(埼玉県)

内視鏡内科・消化器内科・胃腸内科(埼玉県川越市)

川越駅前胃腸・肛門クリニック

〒350-1122  埼玉県川越市脇田町103番
川越マイン・メディカルセンター川越2階

お気軽にお問合せください

049-227-8686

直腸瘤

直腸瘤とは?

「直腸膣壁弛緩症」や「直腸ポケット」と呼ばれることがあります。

直腸瘤とは、直腸にできた「コブ」が膣から脱出する状態のことをいいます。

直腸・子宮・膀胱などが膣から脱出する「骨盤臓器脱」の一つに分類されます。

便通異常の原因となるために、「排便障害」とカテゴリーに入ります。

直腸瘤はどんな人にできやすい?

直腸瘤の大部分は、出産経験のある更年期以降の女性に認められます。

出産経験のない若い女性でも認めることはありますが、頻度は低いです。

極めて稀ですが、男性にも認めることがあります。

直腸瘤の症状

・排便障害:残便感がある、便がスムースに出ない、お尻の出口で引っかかる、便が出にくいので、肛門の周囲を指で押さえる・・・など。隠れ便秘と言われております。

・膣の壁が膨れる:膣が飛び出してくる、膣がピンポン玉のように膨らんでくる・・・など。

直腸瘤に合併する病気は?

直腸瘤を有している方は、直腸重積や直腸粘膜脱などの排便障害をきたす疾患や、痔核・裂肛といった肛門疾患、子宮脱・膀胱脱といった婦人科・泌尿器疾患を合併していることもあります。

直腸瘤を治療する場合は、大腸肛門科・婦人科・泌尿器科が協力して診療にあたることが重要です。直腸瘤だけの治療で済むケースは約半数です。

直腸瘤+腸重積

直腸瘤+膀胱脱

直腸瘤の治療

まずは、「保存的治療」(薬や生活習慣の改善)で経過をみます。

それでも症状が改善しない場合は手術が必要となります。直腸がんでも直腸瘤と同じような症状を呈することがあるために、手術前には大腸内視鏡検査が必要です。

診療時間

△土曜日午後の診療は
15:30~17:00まで
休診日/木曜・日曜・祝祭日

診療科目
内視鏡内科、肛門外科
胃腸内科、外科

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

049-227-8686

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。