無痛胃カメラ・大腸内視鏡検査、日帰り肛門手術、やけど・切り傷の湿潤療法は川越駅前胃腸・肛門クリニック(内視鏡内科・消化器内科・胃腸内科・外科)(埼玉県)

内視鏡内科・消化器内科・胃腸内科(埼玉県川越市)

川越駅前胃腸・肛門クリニック

〒350-1122  埼玉県川越市脇田町103番
川越マイン・メディカルセンター川越2階

お気軽にお問合せください

049-227-8686

やけど、切り傷(湿潤療法)

低温やけど

低温やけどとは?

通常ではやけどしないような温度で起こる熱傷のことを「低温やけど」と言います。原因は様々で湯たんぽ、電気アンカ、ホットカーペット、カイロなどで、これらの低温熱源に長時間肌が触れることで起こります。接触部位の温度が44℃だと、約6時間で受傷してしまいます。この低温やけどの問題点は、初めは大したことがないように見えても、時間の経過とともにやけどが深くなることです。

やけどする側の要因として体が不自由であったり、熟睡していたり、泥酔していたり、糖尿病による循環不良などの状態にあると受傷しやすくなります。新生児や乳幼児も自分で動きにくいために注意が必要です。

起こりやすい部位は、かかと、くるぶし、すねなどで皮膚のすぐ下に骨がある部位です。

低温やけどの問題点

低温やけどはカイロや湯たんぽなど、温度の低いものが長時間肌に触れ続けることによって起こります。低温熱源に触れた場合、反射的に手を引っ込めることはなく、そのまま熱源に触れたままになってしまいます。低温熱源に皮膚が触れれば当然皮膚は温められ、長時間に渡って皮膚と接触していれば皮下組織(皮下脂肪)も温められます。

低温といっても組織を変成・損傷させるには十分な温度です。長時間温められると皮膚だけではなく、その下にある脂肪細胞まで熱が伝わっていきます。皮膚表面は血液循環が頻繁に起こるので冷やされやすい傾向にありますが、脂肪細胞は血流量が少ないため冷やされにくいため深部までやけどを起こし、重症化しやすくなります(もともと脂肪層は血流が悪いため、鬱熱の状態になります)要するに火でじっくりことこと煮込んでいるような状態です。

このような原因から、低温熱源と長時間接触することによる組織の損傷は、皮膚より皮下脂肪で強くなり、皮下脂肪で強く組織変性が起こってしまいます。このことが、低温やけどにおける組織の損傷が深くなる原因です。

一方、通常の高温のやけどは、熱源に触れた瞬間に反射的に手を引っ込めるため、皮膚と熱源の触れる時間が短いために、損傷される部位は皮膚表面のみとなります。

低温やけどの特徴

低温やけどの特徴は「最初は大したことがないように見え、痛みもないのに、時間の経過とともに皮膚が壊死する(やけどが深くなる)」ことにあります。

最初は発赤や水疱形成だけに見えても、熱源との接触時間が長いために深部組織にまで損傷が及んでいることが多く、徐々に壊死してしまいます。

そのため、皮膚をいくら冷却しようとも皮膚に軟膏をつけようとも、湿潤療法を行っても、壊死した皮下脂肪を生き返られることは不可能です。

つまり、低温やけどは発見された時点で、既にその後の運命が決まっており、壊死した組織を生き返らせる方法がない以上、その運命を変える治療法は存在しません。

低温やけどの発症機序は褥瘡と極めて類似し、どちらも「先に深部が壊死して、最後に皮膚が耐えきれなくなって壊死する」ことで一致していています。初診時の皮膚の症状や所見から、その後の経過は予測できません。

低温やけどの治療

1.やけど直後は殆ど変化がなく、受傷後7~10日に痛みが出現し、皮膚が壊死してしまうことが多いです。初期から湿潤療法を行っても、皮膚の壊死は防げません。

2.湿潤療法で早期から創部の乾燥を防いでいると、壊死組織は硬い黒色壊死ではなく、
白色~クリーム色の軟らかい壊死組織になります

3.壊死が認められたら、感染予防の目的で速やかに壊死組織を切除します。必ずしも壊死組織を一度に全て除去する必要はありません。中心部に切開が入る程度、表面の硬い組織を切開する程度でよく、出血するほどの切開は必要ありません。その後、アルギン酸塩被覆材で創部を被覆します。抗生剤は必要に応じて短期間(1~2日)の服用します。

4.その後は、湿潤療法で自然に肉芽増生、上皮化させます。上皮化するまでは、やけどの程度により差がありますが、概ね1~数か月を要します。

診療時間

△土曜日午後の診療は
15:30~17:00まで
休診日/木曜・日曜・祝祭日

診療科目
内視鏡内科、肛門外科
胃腸内科、外科

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

049-227-8686

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。