無痛胃カメラ・大腸内視鏡検査、日帰り肛門手術、やけど・切り傷の湿潤療法は川越駅前胃腸・肛門クリニック(内視鏡内科・消化器内科・胃腸内科・外科)(埼玉県)

内視鏡内科・消化器内科・胃腸内科(埼玉県川越市)

川越駅前胃腸・肛門クリニック

〒350-1122  埼玉県川越市脇田町103番
川越マイン・メディカルセンター川越2階

お気軽にお問合せください

049-227-8686

直腸肛門痛

直腸肛門痛の原因

肛門を支配する神経(陰部神経)の知覚異常や、肛門周囲の筋肉(肛門挙筋)の異常な緊張が原因となり、痛みが起こると考えられています。 

直腸肛門痛の症状

症状は、人によって様々です。

長時間座ると痛くなる、肛門に鈍痛がある、夜間に突然肛門が痛くなるなどがあります。

 

直腸肛門痛の診断

肛門挙筋や陰部神経を圧迫すると、痛みを訴える方が多くいます。

痔ろうや裂肛と症状が似ており、時々間違われることもあります。

直腸肛門痛の治療

刺激性下剤を飲んでいると、症状が悪化しやすいので中止した方が良いです。

過敏性腸症候群を伴うことが多いので、便通異常を伴う場合は、同時に治療が必要です。

腰椎の疾患(椎間板ヘルニア)が原因となっていることもあります。腰痛を伴う場合は、整形外科の受診をお勧めします。

お尻を温めると症状が緩和することが多く、シャワー浴だけでなく、入浴をお勧めします。

適度な運動も症状を改善させることが分かってきています。

直腸肛門痛は、鎮静剤や軟膏はあまり効果がありません。この場合は、以下の薬を組み合わせた治療が有効です。ただし、効果が出るまで時間がかかることがあります。
① 筋肉の痙攣を取る漢方薬

② うつ病の薬

③ てんかんの薬

 

内服薬で改善しない場合は、神経ブロック注射が有効なこともあります。

重症で、異常の治療が無効な場合、ペインクリニックでの治療が必要なケースもあります。

 

診療時間

△土曜日午後の診療は
15:30~17:00まで
休診日/木曜・日曜・祝祭日

診療科目
内視鏡内科、肛門外科
胃腸内科、外科

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

049-227-8686

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。