無痛胃カメラ・大腸内視鏡検査、日帰り肛門手術、やけど・切り傷の湿潤療法は川越駅前胃腸・肛門クリニック(内視鏡内科・消化器内科・胃腸内科・外科)(埼玉県)

内視鏡内科・消化器内科・胃腸内科(埼玉県川越市)

川越駅前胃腸・肛門クリニック

〒350-1122  埼玉県川越市脇田町103番
川越マイン・メディカルセンター川越2階

お気軽にお問合せください

049-227-8686

このような症状の方は検査を受けましょう

大腸内視鏡検査(大腸カメラ) - 川越駅前胃腸・肛門クリニック(埼玉県川越市)

このような症状の方は大腸内視鏡検査を受けましょう

1. 血便がある、便に血が付いている方

血便の原因は色々と考えられますが、イボ痔と自己診断されている方がいらっしゃいます。イボ痔であることが多いですが、大腸がんやポリープからの出血をイボ痔と思い込んでしまい、長期間放置されてしまうこともあります。がんの場合、かなり進行した状態で見つかるケースも稀にあります。

お尻から血が出るということは、何らかの警告と考え、肛門と大腸の両方をチェックすることをお勧めします。 

 

2. 時々、お腹が痛くなる方

お腹が痛くなる原因は様々です。大腸ポリープや初期の大腸がんでは腹痛が出ることは殆どありません。大腸がんが原因であれば、かなり進行している状態を考えなければなりません。

他には大腸憩室症、虚血性大腸炎、炎症性大腸炎、過敏性腸症候群、腸の癒着などが考えられます。腹痛が頻回みられるようでしたら、大腸内視鏡検査をお勧めします。

 

3. よく便秘になる、最近便秘が続く(便が細い、便秘、便秘・下痢を繰り返す)

便秘の原因の1つに大腸がんがあります。進行した大腸がんでは大腸が狭くなるために、排便がスムースに行えないためです。その他、便秘には様々な原因があります。加齢による腸の動きの低下、運動不足、ストレスなどの精神的影響、繊維質や水分摂取不足、甲状腺や糖尿病などの内科疾患などです。

症状から原因を特定するのは難しく、まずは大腸がんではないことを調べることが重要です。

 

4. 最近、下痢が多い

大腸がんで下痢様の症状が出ることもあります。大腸がんが進行すると大腸が狭くなるために便が滞り、少しずつ便意を催すことがあり、これを下痢と勘違いしてしまいます。

その他、感染性腸炎(細菌やウイルスの感染)、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)、過敏性腸症候群(ストレスや不安が原因)が考えられます。

 

5. 下痢と便秘を繰り返す

この場合、過敏性腸症候群を第一に考えますが、上記のように大腸がんも疑う必要があります。

 

6. 便が細くなった気がする、太い便がでない

直腸からS状結腸が細くなっていると、便が普段より細いと感じることがあります。また便の水分量が多く、軟便傾向の際も便が細くなることがあります。この場合、大腸がんや炎症によって便が細くなっていないか確認する必要があります。

 

7. 貧血が進行したり、体重減少のある方

大腸内で出血すると、貧血症状が出る場合があります。大腸がんの場合は、時間をかけてゆっくりと出血が進行することが多く、ゆっくりと貧血が進行します。

 

8. 血縁者(3親等以内)で大腸がんになった方

大腸がん、大腸ポリープは遺伝傾向が強いがんとして知られています。大腸がんの約50%が遺伝性とも言われています。血縁者(3親等以内)に胃がんや大腸がんの方がいる場合は要注意です。是非、定期的な検査をお勧めします。

 

9. 便潜血で1回以上陽性になった方

便潜血検査は大腸がんのスクリーニング検査です。1ml中に1/1000万グラムという程度の出血を検出することができます。ただし、便潜血で見つからない大腸がんもありますので、2回便のうち1回でも陽性だった場合は、必ず大腸内視鏡検査を受けましょう。もう一度、便潜血検査を行うことは無意味です。

 

10. 以前、大腸のポリープを切除された方

1回の大腸内視鏡検査では大腸の100%を観察できていないと言われています。ですので、ポリープを切除された方は、残りのポリープの見落としを予防するという意味でも1~2年後の検査をお勧めします。

 

11. 40歳以上で大腸内視鏡検査を受けたことがない方

大腸がんが発症するリスクは年齢とともに増加します。40歳代付近から増加し始め、40歳を越えたら定期的な検査が必要といわれています。40歳を過ぎたら、年に一度は大腸がんの検査をしましょう。できれば、精度の高い大腸内視鏡検査をお勧めします。

こんな方は是非ご相談ください

1. 大腸内視鏡検査を受けたいが不安な方

2. 前回、一番奥(最後)まで内視鏡が入らなかった方

3. 以前、大腸内視鏡検査を受けたが痛みがとても強かった方

4. お腹の手術歴があり、癒着があって検査がとても大変だった方

5. 大腸が長いと言われ、検査がとても大変だった方

6. 授乳中で鎮静剤が使えないと言われた方

7. 鎮静剤を使用しなくても、苦しくなく楽に検査を受けたい方

診療時間

△土曜日午後の診療は
15:30~17:00まで
休診日/木曜・日曜・祝祭日

診療科目
内視鏡内科、肛門外科
胃腸内科、外科

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

049-227-8686

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。