無痛胃カメラ・大腸内視鏡検査、日帰り肛門手術、やけど・切り傷の湿潤療法は川越駅前胃腸・肛門クリニック(内視鏡内科・消化器内科・胃腸内科・外科)(埼玉県)

内視鏡内科・消化器内科・胃腸内科(埼玉県川越市)

川越駅前胃腸・肛門クリニック

〒350-1122  埼玉県川越市脇田町103番
川越マイン・メディカルセンター川越2階

お気軽にお問合せください

049-227-8686

肛門ポリープ

裂肛の症状と原因

肛門からコリコリした小さいものが脱出してきます。

痛みや出血は通常ありません。

大腸ポリープとは違い、大腸がんになることはありません。

歯状線という直腸と肛門の境界に、肛門乳頭というでっぱりがあり、ここの一部が刺激で大きくなったものです。

歯状線:上図のギザギザしたところです。 この部位の肛門乳頭が大きくなり、肛門ポリープとなります。

肛門ポリープの治療

肛門ポリープは薬では治りません。

手術で切除するしかありません。

大腸ポリープとは異なり、肛門ポリープは「歯状線」という痛みを感じる部位にできます。
そのため、大腸内視鏡検査の際に切除することはできません。

また、慢性裂肛に伴うことがあるので、この場合には裂肛根治術を行い、肛門ポリープを裂肛とともに切除します。

       慢性裂肛に伴った肛門ポリープ

診療時間

△土曜日午後の診療は
15:30~17:00まで
休診日/木曜・日曜・祝祭日

診療科目
内視鏡内科、肛門外科
胃腸内科、外科

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

049-227-8686

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。