無痛胃カメラ・大腸内視鏡検査、日帰り肛門手術、やけど・切り傷の湿潤療法は川越駅前胃腸・肛門クリニック(内視鏡内科・消化器内科・胃腸内科・外科)(埼玉県)

内視鏡内科・消化器内科・胃腸内科(埼玉県川越市)

川越駅前胃腸・肛門クリニック

〒350-1122  埼玉県川越市脇田町103番
川越マイン・メディカルセンター川越2階

お気軽にお問合せください

049-227-8686

胃がんリスク検診(ABC検診)について

胃内視鏡検査(胃カメラ) - 川越駅前胃腸・肛門クリニック(埼玉県川越市)

胃がんリスク検診(ABC検診)について

胃がんリスク検診(ABC検診)とは?

「胃がんリスク検診(ABC検診)」は、胃粘膜の萎縮の程度(血清ペプシノゲン値)ピロリ菌感染の有無(血清ピロリIgG抗体)を測定して、将来の胃がんリスクを予測する検診です。

新しいタイプの胃がんの検診で、胃カメラやバリウム検査の必要がありません。
数mlの採血で行うことができます。早期胃がんの発見率はバリウム検査よりも2倍高いと言われております。検査には特に食事や運動の制限はありません。

「胃カメラもバリウム検査もやるのが怖くて、やりたくない!」という方は、まずABC検診を受けて、胃内視鏡検査(胃カメラ)での精密検査を受ける必要があるかどうかを判断するのも、ひとつの方法です。たたし、血液による簡便な検査ですが、あくまでも胃がんのなりやすさ、リスク程度を調べる検査であり、胃がんの有無を診断する検査ではありません

また、この検査でピロリ菌陽性となり、保険診療で除菌治療をする場合、必ず胃内視鏡検査(胃カメラ)が必要となります。

ペプシノゲン検査は現在、保険適応がないために、このABC検診は自費検診となります。

検査料金:4000円(消費税別)※別途、診察料がかかります

 

血清ペプシノゲン値(ペプシノゲンI/II比)とは?

「ペプシノゲン」という物質の血中濃度を測定することで、胃粘膜の萎縮の程度(老化)を客観的に調べる検査です。

「ペプシノゲン」とは、胃の細胞から分泌される消化酵素であるペプシンの元です。ペプシノゲンは一部が血中に流れるので、血中濃度を測定することで、胃粘膜でのペプシノゲン産生の程度が分かります。血清ペプシノゲン値が少ない胃粘膜が萎縮(老化)して、胃が弱っていることになります。

ペプシノゲンにはペプシノゲンIとペプシノゲンIIの2つのタイプがあります。ペプシノゲンIは胃底腺から分泌されるのに対し、ペプシノゲンIIは噴門腺や幽門腺、十二指腸腺から分泌されます。胃粘膜の萎縮(老化)が進行すると胃底腺領域が萎縮して、幽門腺領域が広がるため、ペプシノゲンIに対してIIの量が相対的に増加して、ペプシノゲンI/II比が低下します(ペプシノゲン(PG)I/II比↓)。つまり、両者の比から、胃底腺領域の胃粘膜の萎縮程度を測定することができます。

検診の結果にペプシノゲンI/II比の低下と記載されていれば、ペプシノゲン検査の結果は陽性ということになります。

血清ピロリIgG抗体とは?

胃にピロリ菌が感染していないかを調べる検査です。

この検査は、ピロリ菌そのものではなく、ピロリ菌に対して作られる血液中の抗体を調べます。抗体とは、免疫細胞がつくる蛋白物質です。自分の体内にないものを認識したら、この抗体を作り出して、病原菌に対抗するのです。ですので、ピロリ菌に感染すると、ピロリ菌に対する抗体が陽性となります。

ピロリ菌は胃粘膜に生息する細菌です。慢性的に胃粘膜の炎症を引き起こし、胃・十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎の原因となります。ピロリ菌に感染していなければ、胃がん発症のリスクは殆どないというデータも存在し、WHOはピロリ菌が胃がんの発がん物質と認定しています。

ABC分類と胃がんとの関係

「ピロリ菌抗体検査」と「ペプシノゲン検査」の結果を組み合わせて、A、B、C、Dと胃がんのリスクを分類します。A<B<C<Dの順に胃がんのリスクが高くなっていきます。

Aタイプ 健康的な胃粘膜で、胃の病気になる危険性は低いと考えられます。ただし、A群と判定された場合でも、胃がん発生のリスクを回避できるわけではありません。ピロリ菌感染以外の要因でも胃に病変が発生する場合もあります。自覚症状がある場合や家族歴がある場合は、内視鏡検査等の実施について担当医師と相談してください。

Bタイプピロリ菌に感染しています。少し弱った胃粘膜です。一度、胃の内視鏡検査(胃カメラ)を受けてください。ピロリ菌は除菌しましょう。そして、3年以内の間隔で定期的に胃の内視鏡検査(胃カメラ)を受けましょう。

Cタイプ:弱った胃粘膜です。ピロリ菌感染により、慢性萎縮性胃炎の状態と思われます。胃がんを発症するリスクが高いので、可能なら年に一度は胃の内視鏡検査(胃カメラ)を受けましょう。ピロリ菌は除菌しましょう。


Dタイプ:かなり弱った胃粘膜です。慢性萎縮性胃炎の状態で、ピロリ菌も生存できないぐらい胃が弱っている可能性があります。Cタイプと同様、胃がんを発症するリスクが高いので、毎年、胃の内視鏡検査(胃カメラ)を受けましょう。

ピロリ菌除菌後の方は、Eタイプ(除菌群)として、年に一度、定期的に内視鏡検査を受けることを推奨しています。というのは、ピロリ菌に長年感染していると、がんのリスクである慢性萎縮性胃炎になっていることが多いためです。

 

①除菌成功により胃がん発症リスクが除菌前の30%に低下しますが、0にはなりません。
除菌後に発見される胃がんのうち、48%が除菌後3年以内に、34%が除菌後5年以降に発見されています。

②除菌でペプシノゲン値が改善しても、胃粘膜萎縮は改善しません(長期的には改善するとの報告があります)。

③自覚症状のある方、また過去5年以内に精密画像検査を受けてない人は必要です。

 

注目されている胃がんリスク検診(ABC検診)

国が推奨しているX線での胃がん検診は、死亡率を低下させることが証明されています。しかし、それには30~50%以上の受診率が必要です。

X線による胃がん検診による胃がんの発見率は0.15%と低く、放射線被ばくの観点からも見直しが必要と考えられます。

一方、ABC検診は費用が安く、CタイプおよびDタイプに絞って精密検査を行えば、胃がんの発見率も従来行われていたX線による検査と何ら遜色がないため、これから多くの自治体で導入が進むと考えられます。

意外に被爆量が多い胃バリウム検査

胃バリウム検査が意外に被ばく線量があることをご存知ですか?
直接撮影(大きなフィルムで撮影する方法)では15~25mSy、間接撮影(健診車による小さなフィルムで撮影する方法)では20~30mSyの被爆量になります。胸部レントゲンの被爆量が0.1mSyですから胃バリウム検査は胸部レントゲンの150~300倍の被爆量となります。
CT検査の被爆量は10~20mSyです。

英国オックスフォードの調査で、日本人で75歳までにがんになる人のうち、放射線診断(CTやバリウム検査など)が原因で発症したがんの割合を計算した結果、3.2%という世界で最も多かったというデータが得られました。がん全体の3.2%がレントゲンの被爆で誘発されたという医療先進国として恥ずべき数字を減らすためには、過剰なレントゲン検査を減らさなければなりません。

レントゲン線は遺伝子の本体であるDNAを傷つける作用があります。1回の被爆量が50~200mSyで傷ついたDNAが原因で発癌すると言われています。1回の胃バリウム検査で発癌することはありませんが、毎年胃バリウム検査を受けるとDNAが徐々に傷ついて、発癌に至る可能性は否定できません。

診療時間

△土曜日午後の診療は
15:30~17:00まで
休診日/木曜・日曜・祝祭日

診療科目
内視鏡内科、肛門外科
胃腸内科、外科

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

049-227-8686

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。